沖縄のダイビングショップならブルーリンク

お問い合わせ
8:00~21:00(年中無休)コースやご予約、団体予約についてのご相談098-989-9147
当日のご予約、お急ぎの方はこちらから080-8374-2390

スタッフブログSTAFF BLOG

28 2018/10

散骨は、法的に問題は御座いません

生前、故人が海での思い出や思い入れがある方の遺骨を自然に還します。
法律・規則
散骨は、法的に問題は御座いません。しかし、散骨を行うには必要な許可散骨する遺骨は一片の長辺が2mm以下まで粉砕することなどルールがございます。
必要な書類
散骨を行うには火・埋葬許可証、死亡届出書、除籍謄本のいずれかのコピーが必要となります。
※各必要書類は市区町村役場等で取得してください。
海洋散骨のメリット
火葬後、お墓へ納骨するにはお墓が必要で購入金額や管理費などで多額の費用が掛かってしまいます。しかし、海へ散骨する事によって費用を抑える事も出来、また、海全体が故人のお墓の代わりとなります。近年ではお墓の跡継ぎの問題も多くなっておりますが心配する事もありません。
遺灰を形見のダイヤモンドへ
ダイヤモンド葬は、遺族が故人の遺骨から製作したダイヤモンドを故人の形見として手元に置き、供養する方法です。 身に付けたり、語りけたり、触れたりすることで故人との絆を実感できるといいます。 お骨を加工して、手元に残すという点で手元供養の一種と考える事も出来ますが、 遺骨全てを使用して製作することで、従来型のお墓は全く必要なくなります。

pageTop