沖縄のダイビングショップならブルーリンク

お問い合わせ
8:00~21:00(年中無休)コースやご予約、団体予約についてのご相談098-989-9147
当日のご予約、お急ぎの方はこちらから080-8374-2390

スタッフブログSTAFF BLOG

10 2018/10

Rhincodon typus

ジンベエザメ(甚兵衛鮫、甚平鮫、Rhincodon typus)は、テンジクザメ目ジンベエザメ科に属する唯一のサメ。ジンベイザメとも。サメや軟骨魚類としてのみならず、すべての魚類の中で現生最大の種である

スキューバダイビングの世界では「ダイバーの憧れ」とされる。回遊しているため、沖縄、四国、伊豆などでも稀に見られる。モルディブ、ガラパゴス諸島、ココ島、および、スミラン諸島などで目撃例が多い。

ご予約RESERVATION

ジンベエザメの周囲には常にイワシやカツオ等の大小の魚類が群れている。日本ではこの関係が経験的に古くから漁師に知られ、本種は地域によっては大漁の吉兆とされ、福の神のように考えられてきた。「えびすざめ」という関東方言による呼称などはまさにこのことを表すものであるし、その他の各地でも「えびす」「えべっさん」などと呼ばれて崇められてきた漁業神には、クジラ類だけでなくジンベエザメもその正体に含まれているという。

民宿&ジンベエザメコース

-コースに関連する豆知識-

ジンベエザメ(ジンベイザメ)とは
沖縄ではダイビングやシュノーケリングなどのマリンレジャーも人気ですが、実は ジンベエザメの体験ツアーも人気のプランになっています。 ここではジンベエザメがどんな生物なのかについて説明していきます。

ジンベエザメとは、世界中の亜熱帯・熱帯・温帯の海域に幅広く分布しているサメで、 ジンベイザメと呼ばれることもあり、どちらの呼称で呼んでも間違いではないそうです。

また、ジンベエザメの体長は最大では15メートル以上にもなり、現存する全ての魚の中で最大の生物でもあります。 ただ、その大きな体格とは裏腹に性格はいたって温厚でおとなしく人間にとっても危険性が少ないサメだと言われています。 また、非常に臆病な性格で環境の変化に弱いために飼育するのは非常に困難だと言われていましたが、沖縄の観光スポットとしても人気度の高い「沖縄美ら海水族館」で長期間の飼育が成功し水族館で遊泳している姿を誰でも簡単に観察することができることからジンベエザメは人気者となっています。ちなみに沖縄以外では大阪市にある「海遊館」でもジンベエザメを飼育しています。 ジンベエザメは主にプランクトンやイワシやサバと言った小魚を食べ生活しています。 大きな口を一気に開けて吸い込むように食べる姿は、ジンベエザメの体の中まで見えそうになるのでとてもダイナミックで食事姿を見るのも楽しみ方のひとつとして人気です。

また、人気の高いジンベエザメと触れ合うことができる場所も沖縄県内にはあります。 それが沖縄本島の中部に位置する読谷村です。そこではジンベエザメの海中生簀を設置し 飼育を行っているので、ジンベエザメをただ見るだけではなく生簀内外でのダイビングやシュノーケリングが行うことが可能で人気のジンベエザメ体験スポットとなっています。 ただ、誰でも簡単にダイビングやシュノーケリングができると言うわけではありません。

ダイビングやシュノーケリングと一緒にジンベエザメとの触れ合い体験を希望の方は 沖縄県内のダイビングショップさんにお問い合わせをすることをオススメします。 ジンベエザメを十分に満喫するプランが数多くご用意されていますので、自分に一番 合ったプランを見つけることが可能になりますので、きっとご満足いただけるジンベエザメとの遊泳体験ができると思います。

ダイビングやシュノーケリングと一緒にジンベイザメ体験を行えば、また違ったダイビングやシュノーケリングになりますのでいい思い出作りにもなるのではないでしょうか。

pageTop