沖縄のダイビングショップならブルーリンク

お問い合わせ
8:00~21:00(年中無休)コースやご予約、団体予約についてのご相談098-989-9147
当日のご予約、お急ぎの方はこちらから080-8374-2390

スタッフブログSTAFF BLOG

26 2018/9

ダイビングに使う器材

ダイビングに使う器材は、レンタルのものを利用することもできるし、思い切って一式買ってしまうこともできます。気になるのは、実際どちらがお得なの?ということ。

結論から言えば、ダイビングにハマってしまいそうなら購入のほうがお得です。レンタルを重ねていけば、いつかは購入より高くつくのは想像に難くないことですよね。

購入とレンタルの費用比較

では、どれくらいハマったら購入のほうがいいのでしょうか。ここでは、大まかに費用の比較をしてみました。

購入の場合

ダイビング器材は、一式そろえると以下のようなものが必要です。

  • レギュレーター
  • BCD
  • ウェットスーツ(ドライスーツ)
  • マスク
  • シュノーケル
  • フィン
  • ブーツ
  • グローブ
  • ウェイトベルト

これらを揃えると、だいたい15~30万円ほどかかります。もちろん、エントリーモデルとハイエンドモデルで価格はかなり違います。

また、遠方でのダイビングの場合は、機材一式を送るのに送料がかかることにも注意が必要です。

レンタルの場合

一方、レンタルは都市型ショップなら7,000~10,000円、リゾートの現地ショップなら3,000~6,000円というところでしょうか。

たとえば6,000円のショップの場合、25回のダイビングで購入と同じくらいの金額がかかります。だいたい40回以上のダイビングをするあたりから、レンタルのほうが損、ということになりますね。

pageTop